AGAとは何?

AGA(Androgenetic Alopecia)とは、男性型脱毛症のことを指します。

この病気は、幅広い世代の男性にみられる男性特有の病気で、一般的に「若ハゲ」と呼ばれるものもAGAに含まれます。

日本の薄毛人口は全人口の10分の1とも言われている為、AGAは世の男性の多くを悩ませる病気の一つとされています。

AGAの症状は、頭頂部や生え際から薄くなっていくことが一般的で、側頭部や後頭部に症状が見られることはほとんどないのが特徴です。

AGAは進行性の病気とされていますが、進行はとてもゆっくりなので気づいたときにはAGAが進行していたということもありえます。

気づかずに放っておくと、いつの間にか薄毛になっているということもめずらしいことではないので注意しましょう。

AGAは、髪の毛が抜けやすくなり病気、髪の毛が生えてこなくなる病気というわけではなく、髪の毛が正常に成長しなくなる病気です。

健康な人の髪の毛は、ある期間が経つと自然に脱毛し、また新たな髪の毛が生えてくるという成長サイクルを繰り返しており、新しい髪の毛が生えてくる時に、通常は成長期というものがあり、時間をかけて太く長い髪の毛が作られいます。

しかし、AGAが発症すると、髪の毛の成長が始まってすぐのうぶ毛の段階で髪の毛が脱毛の準備を始めているのです。

その結果、頭皮から髪の毛は生えてきますが、細く短い髪の毛のうちに脱毛してしまい、AGAの症状が現れている部分は、ほとんど髪の毛がないように見えてしまうのです。

AGAのメカニズム

AGA(男性型脱毛症)の原因とされているのが男性ホルモンによる影響です。

髪の毛の正常な成長周期が崩れ、成長途中の髪の毛が早期に脱毛の準備を始めてしまうAGAですが、この成長周期を壊す原因物質がDHT(ジヒドロテストテロン)と呼ばれる男性ホルモンなのです。

DHTが、毛乳頭に存在するアンドロゲンレセプター(受容体)に吸着すると、毛髪に栄養を送る作用を妨害します。

その後、毛乳頭周りへの血流が低下して、十分な栄養を確保できなかった髪の毛は中途半端な成長で止まり、すぐに抜け落ちる髪の毛になってしまうのです。

元々このDHTは、髪の毛を太く発育させる作用をもつテストテロンと呼ばれる物質で、このテストテロンも、頭皮に多く存在する男性ホルモンの一つです。

同じ男性ホルモンでも、両者の働きは全く真逆なのです。

テストテロンがDHTに変わってしまうのは、毛根近くの皮脂腺などに存在する5αリダクターゼと呼ばれる物質の影響で、これがテストテロンのパワー(活性)を増加させ、DHTという物質に変化させてしまうのです。

DHTはもともと、胎児期には外性器の分化など、重要な役割を果たす物質なのですが、思春期以降になるとAGAやニキビを引き起こす原因となってしまいます。

AGAの発症確率が思春期以降に増加するのはこのためです。

↑ PAGE TOP