AGAと円形脱毛症の違い

AGA(男性型脱毛症)はゆっくりと進行する種類の脱毛症ですが、円形脱毛症の場合は前触れもなく突然髪の毛が抜ける症状です。

頭の部位に関わらず、部分的に円形のハゲができてしまうのが一般的で、側頭部などに10円玉くらいの脱毛がある場合は、ほぼ円形脱毛症と思って間違いないでしょう。

円形脱毛症は自己免疫機能の異常によって引き起こされると言われおり、異常化した免疫細胞が毛根を異物とみなして攻撃してしまい、その部分がすべて抜け落ちてしまうというのが定説です。

原因としてはストレスなどがあげられますが、未だに解明されていません。

AGAと老人性脱毛症の違い

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンの異常な活性化によって引き起こされるものですが、老人性脱毛はあくまで「自然な」生理現象です。

AGAは老人性の脱毛とは全く種類が異なるのです。

AGAや他の脱毛症などと併発する可能性もあるので見分けがつきにくい特徴もあります。

60歳以上の人で、進行が緩やかで全体的に薄毛が広がっているような症状であれば、老人性脱毛症である可能性が高いでしょう。

老人性脱毛は、髪の毛を作りだす細胞や、髪の毛に栄養を送る毛細血管の老化が原因とされており、この進行を食い止めるのは容易ではありません。

対策としては、生活習慣の改善や血行促進のためのマッサージといったものが一般的です。

AGAと粃糠(ひこう)性脱毛症の違い

脱毛症の一つに粃糠(ひこう)性脱毛症というものがあります。

大量のフケが発生して、それが毛穴に詰まることで毛根がダメージを受け、脱毛してしまう病気のことです。

脱毛症の中では深刻な部類に含まれます。

フケ症や、ちょっとフケが多い程度の人はほとんど起こらない病気なので、そういった人は別の脱毛症を疑ったほうがいいでしょう。

粃糠(ひこう)性脱毛症は、頭皮がガサガサになってしまうほどの大量のフケを伴う病気です。

アレルギー説やホルモンバランス説などが言われていますが、その原因はまだ解明されていません。

この症状に該当する方は、できるだけ早く医師に相談をするようにしましょう。

AGAと圧迫性脱毛症の違い

圧迫性脱毛は日常的にヘルメットや帽子を長時間かぶっている人などに起こる脱毛症です。

髪の毛や頭皮を長い時間同じ方向に引っ張り続けることが原因になっており、生え際や頭頂部から脱毛していくという点ではAGAと似通っています。

日ごろから上記のようなことをしてしまっている人はこちらの可能性が高いといえるでしょう。

↑ PAGE TOP