プロペシアを服用できるのは成人男性のみ

プロペシアを服用できるのは成人している男性だけとなっています。

子供や女性は基本的には服用厳禁となります。

プロペシアは、薄毛・抜毛の最も大きな原因である男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を防ぐ働きを持つ治療薬です。

女性にもDHTが存在しているので、プロペシアが全く効果がないという訳ではないのですが、男性の場合と違い女性の脱毛はストレスやダイエット、老化などが複合的に作用して起こると言われています。

つまり、女性がどれだけプロペシアを服用しても男性のような劇的な変化は望めません。

また、妊娠中の女性はプロペシアに触れることすら危険です。

DHTは、成人した男性にとっては薄毛や抜毛の増加、さらに前立腺肥大や前立腺癌の進行を促したりとマイナス要因が多いのですが、小さい子供や胎児(男の子)にとっては、生殖器の発達を促す大切な役割を持っています。

つまり、妊娠中の女性や小さい子供にとってプロペシアはとても危険な薬物と言えるでしょう。

服用はもちろんのこと、プロペシアに触れることで皮膚吸収してしまう可能性もあるので、触れることも禁止しています。

仮に妊娠中、胎児が女のことわかっていたとしても、婦人家系の問題が生じる可能性もあるのでプロペシアには十分注意してください。

もし妊娠中、なんらかの形でプロペシアを吸収してしまうと、奇形児が産まれてくる確率が上がると言われており、さらに小さい男の子がプロペシアを吸収してしまうと、性器の発達障害が発生する可能性が高まるとまで言われています。

用法・用量について

有効成分フィナステリドを0.2mg含むものと1mg含むものがあるプロペシア。

その症状の状態によってどちらかを選択しますが、どちらも1日1錠というのは決まっています。

プロペシアは一日に複数錠服用しても効果は現れず、さらに安全性も確認されていないので危険です。

複数錠の服用は絶対に避けるようにしてください。

服用する時間帯については特に指定はなく、食前食後のどちらでも体内への吸収率の変化は指摘されていないので、自分の合ったタイミングで服用しても問題はありません。

ただし、体内での薬の濃度を安定させるために毎日同じ時間帯に服用することをおすすめします。

プロペシア(フィナステリド)の保管・管理

プロペシアは、直射日光、高温、多湿を避け容器に入れて保管するようにしましょう。

プロペシアの錠剤はコーティングされているので皮膚吸収されることはありませんが、コーティングがはがれていたり、錠剤がわれていたりする可能性もあるので、絶対に子供が触れられない場所に保管するようしましょう。

また、パートナーがいる場合は服用開始前にプロペシアの副作用・注意点を必ず説明しておきましょう。

プロペシア服用者の献血について

プロペシアの服用中の献血は禁止されています。

上記で説明しているようにプロペシアに含まれる主成分フィナステリドは胎児や幼児に性器の発達障害を引き起こす可能性があります。

献血を検討されている方は献血を行う日までの1ヶ月間はプロペシアの服用は中断するようにしましょう。

1ヶ月間プロペシアの服用を中断すれば、有効成分であるフィナステリドは体内から消えていきます。

↑ PAGE TOP