ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分を含んでおり、同等の効き目があるとされている医薬品です。

安全性が確立した後に作られているので、開発に要する時間も費用も少なく、新薬に比べて安価で製造することができます。

ジェネリック医薬品の中には新薬の半額以下で済むものもあり、保険適用外などで医療機関を利用している人の医療費負担を抑えることができ、さらには国全体の医療費削減にも大きく貢献することが期待されております。

現在では、薬剤師さんと相談することで、ジェネリック医薬品へ変更することも可能です。

フィンペシア

フィンペシアは、AGA(男性型脱毛症)治療薬として世界で初めて開発された「飲む育毛剤」プロペシアと同成分・同効果を持つジェネリック医薬品です。

フィンペシア、プロペシアともにAGA(男性型脱毛症)に有効な成分「フィナステリド」を含んでおり、そのフィナステリドは「男性型脱毛症診療ガイドライン(日本皮膚科学会)」において、最も効果が高い(A評価)治療法の1つとして認められています。

現在、日本国内ではプロペシアしか手に入れることができませんが、プロペシアは1錠250円と高価なため、ジェネリック医薬品であるフィンペシアを個人輸入代行業者を利用して入手する人が増えています。

それだけお得で効果も期待できる医薬品なのです。

エフペシア

AGA(男性型脱毛症)治療薬のプロペシアのジェネリック薬として人気のエフペシア。

プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアと同じくインドのジプラ社という製薬会社から発売されている商品で、最近ではフィンペシアよりも人気のある医薬品です。

プロペシア、フィンペシアと同様に3ヶ月から6ヶ月使用すると違いを感じられるといい、1年間使い続けると髪が増えたと実感している人が多く、その数は2年目、3年目と期間が長くなるにつれて増加しています。

ちなみに3年目で78%の人が改善を感じており、98%の人が現状維持できているという結果がでております。

その他、価格としても100錠で3500円から4000円程度で購入ができるので、一日換算すると高くても40円ほどということになります。

信頼できる中間業者を見つけて購入するようにしましょう。

また、まとめ買いすることで安く購入することができるので、そちらもおすすめです。

今までプロペシアを服用していた人も安さに惹かれて移行する人も多くいます。

AGA治療薬は、長期間利用してこそ効果を発揮するので、価格も重要になってきますよね。

しかし、それを狙った悪質な業者も存在しているので、あまりにも安すぎるものや、信頼のないショップでの購入は控えるようにしましょう。

↑ PAGE TOP