AGA治療薬プロペシア

米国メルク社が開発した世界で初めて医師が処方するAGA治療薬プロペシア。

世界60カ国以上で承認されているAGA(男性型脱毛症)治療薬であるプロペシアは、日本では、MSD株式会社が2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年12月より国内にて発売を開始しました。

プロペシアはAGAの治療薬として世界各国で使用されているだけあって、その効果の高さに期待されています。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは脱毛を防ぐ効果があるとされています。

プロペシア効果・効能

成人男性の脱毛症のほとんどがAGA(男性型脱毛症)であり、成人男性の3人に1人がAGAであるといわれています。

AGAの原因は複数の要因が重なりあうことでその進行スピードが変わってきます。

つまりどれだけのAGAの原因を排除できるかがAGA治療の鍵になってきます。

AGAの複数要因の中で一番強力に作用するのが男性ホルモンです。

それ以外にも生活習慣(睡眠不足・ストレス・暴飲暴食)がAGAの原因に含まれますが、男性ホルモンと比べるとその他の要因の影響はそれほど大きいものではありません。

事実、生活習慣が悪い方でも髪の毛がフサフサな人は沢山いますが、AGAの原因である男性ホルモンが増加した場合は、まず間違いなく進行してしまいます。

男性ホルモンに「テストステロン」という物質がありますが、これ自体はAGAの症状を悪化させることはありません。

しかし、「テストステロン」がひとたび「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化して、その量が増えてしまうとAGAは進行してしまいます。

つまり、AGAを食い止めるには「ジヒドロテストステロン(DHT)」の増加を食い止める必要があります。

ここで効果を発揮してくれるのが、有効成分フィナステリドを含むプロペシアです。

「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化するには、「テストステロン」が「5αリダクターゼ(還元酵素)」と結びつくことが必要です。

プロペシアはこの「5αリダクターゼ(還元酵素)」の働きを抑制して「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化するのを防ぐ働きを持っています。

↑ PAGE TOP